• fjkz28

障害者施設など福祉施設の防犯対策


障害者施設など福祉施設の防犯対策


障害者施設など福祉施設では過去の凶悪な事件の影響もあり、防犯対策の強化が叫ばれています。福祉施設に限らず介護施設なども日中は不特定多数の出入りが多かったり、夜間の時間帯の人手はどうしても減ってしまいます。こうした環境での防犯対策はどのようなものが望ましいのでしょうか?

障害者施設のお悩み

・不特定多数の出入りがあるため不安がある。

・患者が徘徊してしまう。

・夜間の時間帯は人手が少ないため不安。

防犯カメラ


24時間の録画監視が可能な防犯カメラは人の目の代わりとなり目の届かない環境も含めて常に録画監視できます。これは外部に対する防犯対策としてだけでなく内部的な事故も含めての対策となります。


オートロックなど電気錠や電子錠

こうした施設では入居者や職員に限らず入居者のご家族や業者含め不特定多数の出入りがあります。常に開錠の状態では不審者の浸入も許してしまいます。電気錠などによりオートロックの環境を作り出入り管理(入退室管理)や関係者以外の入室を防がなければなりません。

警備会社やセキュリティ


なにか起きた時のために警備会社やセキュリティなどの建物の防犯対策は必要でしょう。警備会社は原則建物内の警備ですが、セキュリティなどの防犯システムでは敷地内に浸入した際に即時威嚇をかけたり内部の職員に対して通知して異常を確認できるシステムもあります。

障害者施設など福祉施設の防犯対策は他の業種業態よりもセキュリティ性を高める必要があります。防犯対策にも様々ありますのでプロの防犯設備業者に相談する事をおすすめします。



防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575