• fjkz28

防犯対策の基本は予防



防犯対策の基本は予防

防犯とは犯罪を未然に防止することであり防犯対策とは犯罪にあわない環境をいかに形にするかという事です。犯罪にあわないためにはどう対策すればよいのでしょうか?

泥棒の心理を予知予測する。

警察などのホームページには犯罪の傾向など犯罪事情や犯罪手口が公開されています。泥棒は下見をしターゲットを絞ります。下見の段階でターゲットにされない事が重要です。

泥棒は音や光を嫌がる

泥棒は音や光を嫌がります。それは音や光そのものが嫌いなわけではなく、そのような環境により自分が目撃される事を非常に嫌がります。また防犯カメラなどは録画監視だけでなく抑止効果もあります。

ストーカーや近隣住民による嫌がらせも増えている

ひと昔前はほとんどが泥棒のご相談でしたが、最近ではストーカーや近隣住民による嫌がらせなどのトラブルによるご相談が非常に増えています。時代によって犯罪の傾向も変わってくるのです。

防犯対策のいろいろ


防犯カメラ

防犯カメラは24時間の録画監視により有事の際に証拠となる映像を残すことができます。また、防犯カメラは抑止効果もあり設置されている所と設置されていない所では犯罪率も変わります。防犯カメラは人の目の代わりとなり証拠に役立ちますが犯罪を防ぐ為のものではありません。


警備会社

警備会社は建物の中や窓などにセンサーを取り付けて建物内に浸入の際にセンターに通知されガードマンが駆けつけるというサービスです。実際に浸入されてからの対応のため被害はでてしまうケースもあります。


防犯システム・セキュリティ

防犯システムやセキュリティなどは様々ありますが、ここでいうセキュリティとは予防型を指します。防犯システム・セキュリティ基本は泥棒が下見の段階でここはやめておこうと思わせる事です。外目から見てセキュリティのアピールが重要です。もう1つのポイントは建物の外にビームセンサーなどを張り巡らせて敷地の段階もしくは建物の外側で検知し音や光で威嚇をかけていく事です。そのような環境は目撃されるケースが高まるためそれでもわざわざ犯行に及ぶのは泥棒の大きなリスクとなります。

防犯の事でお悩みの方はプロの防犯設備士などに相談する事がおすすめです。防犯対策の基本を熟知し様々な環境のノウハウを持っているプロのためより効果的な防犯対策を実現できるでしょう。



防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575