• fjkz28

IPカメラ(ネットワークカメラ)とは



IPカメラ(ネットワークカメラ)とは

IPカメラ(ネットワークカメラ)とは映像や音声をTCP/IPの通信プロトコルを使用しLANや無線LANの通信手段でデータをやりとりする監視カメラなど。

IPカメラの特徴

・IPカメラはサーバ機能を持ちカメラ単体でネットワーク上で映像を確認できる。もちろんインターネットを通じて別のネットワークからもアクセスが可能。


・LANのネットワーク接続のため、LAN環境があれば基本どこでも設置で

き比較的施工が簡単。


・LANケーブルで映像や音声だけでなく、POE給電と呼ばれる(電源重畳)タイプもあり、LANケーブル1本で使用できる。(無線LANは電源別途)

・一般的な防犯カメラのようにバレット型やドーム型、屋内用や屋外用などラインナップも豊富になってきている。


IPカメラの防犯カメラとしての使い方

一般的な防犯カメラは監視カメラと録画装置(DVR)を同軸ケーブルで繋ぎ録画する。IPカメラは(NVR)ネットワークビデオレコーダーと呼ばれる録画装置を同じネットワーク環境に接続する事で録画する。

IPカメラ注意点

IPカメラはネットワークを使用するカメラのためネットワークの環境により映像にタイムラグがあったり、特に無線LANなどは安定してるとは言えません。IPカメラを設置する場合IPカメラ専用のネットワークを構築するのがベストです。無線LANは電波のためコンクリートなどの建物や長距離は避けた方がよいでしょう。

IPカメラまとめ

IPカメラはLANなどにより比較的簡単な施工できることがメリットでしょう。多店舗などはNVRにより複数店舗を一箇所で一括録画できるためコスト圧縮が可能です。しかし、ネットワーク環境には充分に注意しての施工が必要です。IPカメラはネットワーク工事が必要なため取り扱い業者が限られます。また、アフターの事も含めネットワークが得意な経験や実績のある業者選びをおすすめします。

↓IPカメラ(ネットワークカメラ)の詳細はこちら↓



防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575