• fjkz28

工事現場(建設現場)の防犯対策|防犯カメラ・防犯システム


工事現場(建設現場)の防犯対策|防犯カメラ・防犯システム


工事現場(建設現場)の特徴

工事現場ではトラック、重機、発電機などの建設機械や敷き鉄板、電線ケーブルなどの建設資材が多量に置かれています。また、工事現場は工期が決まっており一定期間の防犯対策となるのが特徴です。


建設機械

トラック、ユンボ、ユニック、発電機、コンプレッサー、アタッチメントなど

建設資材


敷き鉄板、電線ケーブル、銅線、アルミ資材など

トラックや重機は※ヤードなどにより解体され海外に輸出されるケースが多いようです。敷き鉄板や銅線などは非鉄金属のため専門業者により高値で取り引きされます。

工事現場は窃盗団の盗難対象になりやすい

上記の盗難対象がある以外に

・場所

工事現場は様々な場所にありますが、郊外や橋や道路沿いなど夜間人気(ひとけ)が少ない環境はターゲットとなりやすい理由の一つです。

・夜間無人の場合が多い

常駐の警備をつけている現場もありますが、ほとんどは夜間無人です。

・犯行をカモフラージュしやすい

作業着だと不審者と分かりづらく、関係者以外からは夜間の作業員に見えます。

・防犯対策をしていない場合が多い

工事現場は工期が決まっているため、コストをかけて防犯カメラや防犯システムを導入するのが難しく対策していない場合が多い。

※ヤードとは

ヤードという言葉の意味には、庭・作業場・解体場などの意味がありますが、ここでいうヤードとは解体場という意味です。過去にニュースで千葉県のヤードが取り上げられ、犯罪組織の拠点として問題視されていました。

工事現場の防犯対策

上記のように工事現場には環境の問題、工期などの問題がありますが、最近ではレンタル型の防犯カメラや防犯システムがあり工事現場の防犯対策として活用されています。

・レンタルがおすすめ

工期が決まっている工事現場では、常設の防犯カメラや防犯システムのようにまとまってお金をかける事が難しいケースがほとんどです。レンタルであれば必要な期間だけレンタルする事でコストを圧縮できます。

・防犯カメラ

レンタル型で導入しやすい。一般的な防犯カメラとクラウドに録画する防犯カメラがある。夜間の赤外線監視カメラなどの暗視性能は必須。

・防犯システム

防犯カメラは事後対応としてあとから録画映像を確認するのに対し、防犯システムは予防を目的として浸入させない。浸入者をセンサーで検知し威嚇撃退する防犯システムがおすすめです。

↓工事現場の防犯対策詳細はこちら↓



防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575