• fjkz28

太陽光発電所の防犯対策


太陽光発電所の防犯対策


太陽光発電所とは

太陽光発電所とは一般企業や個人オーナーが売電用または自家発電用に建設した太陽光発電施設。出力が1メガワットを超える太陽光発電所はメガソーラーと呼ばれる。企業や個人の投資目的や自治体などによる建設により様々な場所に増加している。

太陽光発電所の悩み

太陽光発電所はある程度広さがある土地に太陽光パネルを敷き詰めて発電するため、土地の安い郊外に建設される事が多い。そのため防犯面(銅線・電線ケーブルの盗難)、管理面(風水害、雑草や鳥獣による被害)などの対策の課題がある。

FIT法改正

FIT法改正後はメンテナンスが義務化される見通しになっている。その中には適切なメンテナンス(保守・維持管理)が含まれる。

太陽光発電所の盗難


太陽光発電所では電気送電のため銅線である電線ケーブルが多量に使用されている。銅は非鉄金属の中で割と高額で取り引きされ太陽光発電所の過去の盗難事例では何百万円という被害が一夜にしてでている。パネルに関しても安いものではないため盗難が心配される。

太陽光発電所の自然災害

太陽光発電所は場所柄郊外などに多く大雨による土砂崩れや鳥獣被害(カラスなどが石を落としパネルが割れる)や雑草が生い茂り発電性能にも影響が出たりその他さまざまな問題があります。

太陽光発電所の防犯カメラ


太陽光発電所では防犯カメラを設置する施設も増えている。最近の防犯カメラは24時間録画監視できるという一般的な機能だけでなく、インターネットにより遠隔地から映像を確認でき、管理面にも役立っている。離れた場所に建設する場合が多いため、わざわざ現地に行かなくても安心であったり、雑草や発電が停止した際すぐに状況を確認できる。


太陽光発電所の防犯システム

防犯カメラは盗難被害のような有事の際、後から事後的に対応できますが、盗難被害を防ぐことはできません。太陽光発電所向けの防犯システムなどはビームセンサーなどにより浸入者を検知し威嚇撃退する予防を目的とした防犯対策となります。泥棒が浸入の際、防犯システムが作動し泥棒が逃げて行く様子が防犯カメラに残っていた事例もあります。

↓太陽光発電所の防犯カメラ・防犯システムなどの防犯対策詳細はこちら↓



防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575