• fjkz28

マンションの防犯カメラ設置のポイント



最近では防犯カメラを設置しているマンションもかなり増えてきました。

​ここでは防犯カメラ設置のポイントをお伝えします。これからマンションに防犯カメラを検討している方、すでに防犯カメラを設置している方もぜひ参考にしてください。

マンションに防犯カメラを設置する理由とは?

防犯カメラを設置する際の目的は建物や環境によって大きく変わります。それではマンションの場合どうでしょうか?

・空き巣や強盗など泥棒

・不審者に対する対策

・女性の被害防止

・住民同士のトラブル

・駐車場や駐輪場の盗難やイタヅラ

・ごみ置き場のマナー(不法投棄)

・ポストへのイタヅラ

以上が主な目的でしょう。

マンションに設置する防犯カメラの選び方

マンションの場合大きく分けて2種類の監視カメラを使い分けします。BOX型の監視カメラとドーム型の監視カメラです。

BOX型の監視カメラ


いかにもカメラという形をしているため屋外の目立つ場所や駐車場などに設置します。防犯カメラには録画する役目のほかに抑止の効果があります。あえて目立つ場所に設置することが有効になります。

※屋外設置の注意点

屋外の環境は防犯カメラの防水性能と夜間性能に注意しなければなりません。特に夜間の映像は暗闇対応の防犯カメラでないとまったく役に立たないなんていうことも。赤外線の監視カメラがおすすめです。

ドーム型監視カメラ


人の出入りが多いエントランスなどに設置します。エントランスはあまりにもカメラカメラしていると気になる方もいますのでデザイン的にそこまで気にならないドーム型の設置が主流です。

マンションの防犯カメラはどこに設置したらよいのか?

目的や建物によっても変わりますが、

泥棒や不審者に対して

・エントランス

・裏口など人の侵入口

・マンションの敷地への侵入口

・階段付近

車や自転車の盗難イタヅラ

・駐車場

・駐輪場

ゴミのマナー

・ゴミ置き場

ポストへのイタヅラ

・エントランス

・ポスト

住民同士のトラブル

・マンションの廊下など


泥棒や不審者に対するマンションの防犯対策

泥棒や不審者に対して防犯カメラだけでは防ぐ事はできません。防犯カメラは有事の際に後で映像を確認するものだからです。被害を防止するためには音や光の対策がおすすめです。防犯カメラとセンサーライトなどを併用しましょう。


↑具体的なご相談は防犯カメラ相談窓口へご相談ください↑


防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575