• fjkz28

資材置き場や太陽光発電施設の防犯対策とは?


資材置き場や太陽光発電施設の防犯対策とは?

資材置き場や太陽光発電施設(ソーラー発電所)の場所の特徴



資材置き場や太陽光発電所は郊外に多く存在します。理由は広大な敷地が必要なため土地が安いため郊外に多いようです。さらに土地には住宅用地や工業用地などのルールが存在するため都市部には設営できないという理由もあります。太陽光発電所は投資目的もあるため土地が高い場所では利回りを生むことができないことも理由の一つではないでしょうか?

資材置き場や太陽光発電施設の防犯に関する心配事

資材置き場や太陽光発電所には銅線その他の資材や、資材置き場にはトラック、重機、ユニックなどの機械類もおかれています。郊外に存在する2つの施設はほとんどが無人かつ高額なものが多いため泥棒や窃盗団のターゲットになりやすいです。ある太陽光施設では一晩で500万円近い被害が出たこともあります。資材置き場など専門の窃盗団が逮捕された際は累計の被害額が2億円を超えるというニュースもありました。とにかく郊外で人気のない無人な施設でなおかつ高額なものがある2つの施設は心配事も多いようです。

資材置き場や太陽光発電所の防犯対策


・防犯カメラ、監視カメラ

防犯カメラは被害後の録画映像の確認をするためのもので被害を防ぐことはできません。銅線や資材、重機、トラックなどは盗まれてからでは取り返しがつかないケースが多いです。

・警備会社


警備会社などは主に建物の警備のため資材置き場や太陽光施設、特に周りに壁などがない環境だと利用自体できないケースが多いです。また近年の泥棒は短時間の犯行が多く間に合わないなんてことも。ただし2つの施設は離れた場所が多いため人が行ってくれるという安心はあります。


・資材置き場や太陽光発電所向け防犯セキュリティシステム

資材置き場や太陽光発電所向け防犯システムはしっかりした壁などがない広大な施設向けに赤外線ビームセンサーを使用したセキュリティシステムです。スパイ映画のように泥棒を威嚇撃退しますので犯罪を未然に予防できます。

資材置き場向け防犯セキュリティシステム ガードバリア はこちら

太陽光発電所向け防犯セキュリティシステム ガードバリアSL はこちら

・センサーライトなど自主的設置

センサーライトなど自主的な機器は、プロの泥棒には役に立たない場合が多いです。センサーライトを壊して侵入したり配線を切ってしまったりされてしまいます。プロの機器は断線警報など対策がなされています。


防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575