• fjkz28

店舗向けの防犯カメラの設置


店舗経営者の最近のお悩み


飲食店や美容室など店舗に防犯カメラを設置する方が増えました。店舗などは前々から泥棒や強盗、万引きなど商売を営む上での心配はありましたが、最近のお悩みは違うようです。主に内部の売上の不正が多いようです。レジには現金が入っていますのですべての方ではありませんが確率的な問題で従業員が泥棒に変わってしまうケースが出ています。

店舗の内部的なトラブル


・レジの売上の不正

・従業員同士の持ち物の紛失

・勤務態度や指定場所以外の喫煙

(キッチンなどで)

・材料や備品の持ち出し

・営業時間外の私的な利用

・営業中のSNSなどへの私的投稿

一度の金額は大したことなくても塵も積もればですね。

従業員からしたら月1万円お小遣い(給料)が増えたら大きいのでしょう。

店舗の防犯カメラの選び方

まずは目的です。

オーナーさんからしたら従業員を捕まえたいなんて思いはなくとも状況を把握する必要はあります。

①録画機能

営業時間外も含め24時間録画されている必要はあるでしょう。最近ではIPカメラなどライブ映像は見れても満足に録画できないカメラもあります。


②スマホから見れる機能

せっかく防犯カメラを導入するなら防犯としてだけでなく、営業の管理面でも役立てましょう。お店にいなくても、離れた場所でもいつでも確認できる機能は便利かつ安心です。


③監視カメラの形状

監視カメラには様々な形状のものがあり、店舗に設置する一般的なドーム型から火災報知器や超小型カメラ(ピンホールカメラ)など監視カメラだとわかりにくいものもあり、犯人を特定したいときなどは有効です。

監視カメラの設置場所

もしレジの不正を特定したいという場合、レジの真上の設置でなければいくら高画質の監視カメラでも、証拠としては不十分です。

一般的にレジの上に人つ店内をくまなく見える2つ目と2台から多くても4台ほどが一般的ではないでしょうか?

店舗における監視カメラの主な設置場所

・レジの上

・店内

・バックヤード

まとめ

店舗の防犯カメラ設置も目的に応じて設置するカメラや場所も様々です。いわゆる録画できるような一般的な防犯カメラは業者による設置です。


↑店舗向けの監視カメラでお困りの際はこちらをご覧ください。↑


防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575