• fjkz28

既存のドアをオートロックにする方法(電気錠・電子錠)


既存のドアをオートロックにしたいという方も最近増えてきたのではないでしょうか?

ドアをオートロックの電気錠・電子錠にするメリット

​​


・鍵が不要のため開錠が便利。

・鍵穴がないためピッキングや※1バンピング対策になる。

・機器によっては入退室の履歴が残り管理に使用できる。

・複数の出入りがある場合便利

・鍵等の紛失は鍵の交換などが必要だが、オートロックの場合ICカードの抹消や番号の変更などで機器を交換する必要がない。

※1 通常のカギを使わずにシリンダー錠を開けられる特殊なバンプキーというものが存在し、ピッキングよりも簡単に素早く開錠できる。古典的なピンシリンダー錠はすべて開錠できると言われている。

オートロック電気錠・電子錠の種類

暗証番号タイプ

【メリット】

・暗証番号のため鍵やカードなどの持ち物が不要。

・番号を教えておけば複数の出入りが可能。

【デメリット】

・番号があればだれでも入室できるため、逆に番号を知っていれば不審者も入室できてしまいます。

・基本だれがいつ入室したかなど入退室履歴管理ができない。

ICカードタイプ

【メリット】

・ICカードのためカードの所有者は簡単に出入りが可能だがカードを持ってない人間の出入りは防げる。

・カードを紛失した場合そのICカードのみ抹消でき機器の交換は不要。

・導入する機器によってはICカードの履歴の入退室管理ができる。(履歴が残らない機器もあります。)

【デメリット】

・ICカードを入手さえできれば誰でも入室できてしまう。


指紋認証や顔認証タイプ(生体認証)

【メリット】

・指紋や顔による認証のため、鍵やカードなどの持ち物が不要。

・生体による認証のため登録者以外の入室を防げる。(セキュリティ性が高い)

・入退室管理や勤怠管理が可能。

【デメリット】

登録者以外は出入りできない。(暗証番号やカードは他人でも番号やICカードにより入室できる)

電気錠の設置方法


電気錠には主に2種類あります。

・電気錠

・電磁式電気錠

電気錠

電気錠は基本的にドアの中を加工するためプロの設置業者に頼まなければなりません。特に木扉の場合専門の技術や道具が必要です。

既存の錠前を、右図の様に配線が繋がれた電気錠に交換します。


電磁式電気錠

電磁式電気錠はドアの上部に設置する電磁式の電気錠で施錠の際は数百キロの力で施錠されます。外付けのためドアの加工が少なく比較的どのような扉でも設置可能です。


簡単設置可能な外付けの電子錠

外付けの電子錠は外付けのため、大袈裟な工事はありません。住宅のドアや施設などのドアありとあらゆる場所に設置可能です。料金面も比較的安いため簡易的な使用に設置が増えています。

まとめ

オートロック電気錠・電子錠と言ってもさまざまな種類があり、また料金も違います。幅広く提案可能な業者を選びましょう。


↑ピース株式会社のオートロック電気錠・電子錠はこちらをクリックください。↑


防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575