• fjkz28

トラックやダンプ・重機の盗難対策



トラックやダンプ、重機などの盗難が多発しています。トラックやダンプ、重機などは海外に輸出されたり、他の犯罪に利用されたりします。特にユニック車は車両の中でも高額でかつクレーンにより犯罪に利用しやすいため窃盗犯に狙われています。

泥棒からすると車両は数百万円から高いもので数千万円にもなり非常に高額で、盗難のリスクなども高いため保険も高額で加入になかなか踏み切れない企業も多いようです。

トラック・ダンプや重機などの主な防犯対策とは?

・保険

万が一のためもちろん加入するに越したことはありませんがトラック・ダンプや重機などは高額かつ盗難のリスクが高いため車両保険も高額です。そして保険は盗難後に保険金が支払われますのでその間の仕事には支障は出ます。特に盗難当日はお客様に迷惑をかけてしまうこともあるのではないのでしょうか?その他の盗難対策をいろいろ知って比較したうえで検討されるのがよいでしょう

・GPS

GPSは位置を特定できるサービスです。盗難されても車両がどこにあるのか検索できるため安心です。ただし、盗難後発見が遅れるとバラバラにされ手遅れになるケースもあります。(盗難された夜中に解体されバラバラの部品として輸出するのが泥棒の主流です。以前※1ヤードと呼ばれる千葉のエリアがテレビでも話題となっておりました。)

※1 作業場、仕事場、庭、など様々な意味がりますが業界では自動車などの解体施設を指します。

・敷地自体のセキュリティシステム

トラック・ダンプや重機などを駐車する場所としては資材置き場や広めの駐車場など様々ですが、資材置き場や駐車場などは壁に囲まれていない場所も多く、原則警備会社などは建物の警備のため警備会社のサービスを利用できないこともあります。資材置き場向けのセキュリティシステムは少ないためこちらではガードバリアがおすすめです。


・ハンドルロック、アームや※2アウトリガーの対策処置

泥棒は犯行に時間がかかることを嫌がります。ハンドルロックやアーム・アウトリガーの対策は盗難の手間に対して有効です。しかしとは言っても車両関係の泥棒は海外にルートを持つプロの窃盗グループの場合が多く、そういった対策だけでは簡単に攻略されます。

※2ユニック車などはクレーンを使用するため、車両の転倒を防止するための外側にある脚のような部分です。

まとめ

上記のようにトラック・ダンプや重機などの盗難対策は様々ありますのでそれぞれの特性やコストを十分に理解し検討されるのがよいでしょう。


防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575