• fjkz28

防犯対策のセキュリティにもいろいろ種類がある?



セキュリティと言われて思い浮かぶ警備会社がは限られるかもしれませんが、実は防犯対策のセキュリティには種類があります。

防犯対策セキュリティの主な3種類

①機械警備(駆付け警備)

②防犯カメラ・監視カメラ

③自主機械警備

があります。

空き巣などの泥棒被害にあったり、もしくはそういった被害にあわないために一般的に思い浮かぶのは①、②の2つではないでしょうか?

3つの防犯対策セキュリティにはどのような違いがあるでしょう。

①機械警備

一般的に機械警備とは建物に侵入があった際に警備会社に連絡が行き、警備員(ガードマン)が駆けつけるという仕組みです。 目的としては、侵入者を退散させるのではなく、異常を早期に発見・通報し被害の拡大防止をはかる※1ダメージコントロールが基本姿勢であると言われています。つまり被害後の現場確認の業務です。また、鍵を預ける必要があります。

※1ダメージコントロールとは被害を最小限に抑える事後処置を指します。


②防犯カメラ・監視カメラ

防犯カメラ・監視カメラの目的は抑止効果と情況の録画です。録画のためもちろん被害を防ぐためのものではありません。しかし被害後にどのような状況の中で被害にあったのか、被害前にその前兆はあったのかなどの確認は可能です。こちらも事後対応となります。

③自主機械警備

自主機械警備の目的は「防犯」です。「防犯」とは未然に犯罪を防ぐということです。つまり簡単に言うと予防が目的ということです。警察のホームページ等では泥棒の特徴や犯行手口などが掲載されています。泥棒は音や光を嫌がるため(目撃されることを嫌う)そういった対策が推奨されていますが、自主機械警備というのは泥棒が嫌がる環境を形にし1狙われない。2犯行途中で諦めさせる。という予防に特化したセキュリティです。



防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575