• fjkz28

スマホで見れる防犯カメラ


スマホで見れる防犯カメラの主な種類


①ライブ映像だけを見れるカメラ

IPカメラやWEBカメラと呼ばれ大型電器店等でも販売されています。料金も10,000円前後くらいと安く購入可能。自分でかんたんに設定できるものも多い。

②スマホで見れる防犯カメラ

いわゆる一般的な防犯カメラの定義は録画ができるということです。24時間録画されており有事の際は状況の証拠となります。最近の防犯カメラにはスマートフォンから映像を監視できる機能がついているものが多いため、防犯としての機能だけでなく、例えば飲食店などで営業上の管理面でも利用されています。

①のIPカメラやWEBカメラに関して


IPカメラ・WEBカメラ設置

A目的

IPカメラやWEBカメラは主にライブ映像の監視に使用します。例えば留守中のペットの監視など離れた場所の映像をいつでも見たいという方が使用します。飲食店でも設置されていることはありますが、録画はされていないため常に見ていないと意味をなさないこともあります。

Bメリット・デメリット

メリット:大型電器店などで10,000円ほどで安価に購入可能。

デメリット:原則録画はできない。(一部SDカードなどで短期間録画できる商品もあります。営業の管理や防犯上はお勧めしません)

②スマホで見れる防犯カメラに関して


A.目的

上記の説明の通り最近の防犯カメラにはスマホからの監視機能が付いています。主にアプリなどを使用してスマホで手軽に防犯カメラの映像を確認できます。飲食店などで多く利用されています。近年内部のレジなどの不正が増えており防犯カメラを設置する飲食店が増えています。防犯カメラとして24時間録画されており不正の証拠に役立ちます。さらにスマホからいつでもどこでも映像を見ることができるので飲食店のオーナー様がお店の管理面でも役立てているようです。

B.メリット・デメリット

メリット:24時間録画されており状況の証拠として役立つ。自分が見ていない時も安心。

デメリット:基本業者による設置。自分で取り付けは難しい。(良心的な業者であれば料金面も安くなってきています)

【まとめ】

スマホから映像を見ることができる防犯カメラは今非常に増えていますが、使用の目的によりカメラを選定しましょう。簡単に離れたところから見れればいいという方はIPカメラ・WEBカメラでよいと思います。状況を録画しておきたい尚且つスマホでも見たいという方は防犯カメラを設置することがおすすめです。


↑防犯カメラの事でお困りの方はこちらでご相談ください。↑


防犯相談窓口,セキュリティシステム,防犯カメラ,監視カメラ,ホームセキュリティ,電気錠,電子錠,警備会社,セコム,入退室管理
具体的な防犯対策のご相談は
ピース株式会社へ
メールによるご相談は

お電話によるご相談は

​年中無休 受付時間 午前9:00~午後20:00

0120-672-575